メニュー
ホームへ
胎毛筆カタログ
カタログ請求
光文堂工場見学
伝統の筆づくり
作ってよかった!
どこで作れるの?
吉村家の過去帳をたどれば、1809年(文化6年)
に没した吉村新助なる者が筆造りの匠であったこ
とがわかります。その名の記された看板筆 「新助
筆」は、今なお筆づくりの魂を光文堂に伝えるべく
社屋に飾られています。
2006年3月、これまで
の川尻の筆づくりの歴
史を顧みるとともにこ
れからさらなる発展を遂げるために、筆魂の
文字を刻んだ碑を建立いたしました。
 

 

 

  赤ちゃんの筆・胎毛筆の光文堂
商品リストリンクについて